アパレルの検品を外注するための会社選び

HOME » アパレル検品の外注による業務改善効果 » 自社ブランドの信頼性を高める

自社ブランドの信頼性を高める

X線を使った厳しい検品・検針を行なう検品会社に委託することで、徹底した品質管理が行なわれ、自社ブランドの信頼性向上につながります。

確かな検品はブランディングへつながる

X線を使った厳しい検品・検針を行なう検品会社のアウトソーシングを利用することによって、徹底した品質管理が行なわれ、自社製品の安全性を確保できます。これによって、消費者からのクレームを防ぐことができ、ひいては確かな信頼に裏打ちされたブランディングへとつなげることができます。

特に、海外製品を扱う場合には、製品の品質基準が国内とは異なることがあり、某国では問題とされないことが日本では大問題とされたり、消費者から嫌われる原因となることもあります。

また、海を越えて遠い外国から運ばれてくるわけですから、その間には多くの人の手によっていくつもの工程を経ているので、途中で何があるかわかりません。したがって、国内製品を扱う場合以上により厳しい製品チェックが求められ、それをクリアして初めて製品の安全性が証明され、安心して消費者に提供できるわけです。

では、こうした場合の検品工程を見てみましょう。

検品工程の流れ

検品工程は、商品入庫 → 仕分 → インボイス検品 → 外観検品 → 名義変更 といった流れで進められます。

≪商品入庫≫
「商品入庫」とは、コンテナなどによって海外から商品が到着することを言います。検品業者は、事前に顧客から入荷予定を伝えられ、万全の荷受体制を整えて商品到着時に対応します。

≪仕分≫
海外品番やサイズ、カラーごとに分けることを「仕分」と言います。海外製品の場合、商品によっては品番表示札が数字・アルファベットなどが混在しているので、一品ずつ確認しながら正確に仕分けます。

≪インボイス検品≫
インボイス検品は、海外からのインボイスとパッキングリストをもとに、員数確認を行なうことです。万が一、員数違いなどの不備があった場合は、検品業者から顧客へ速やかに報告されます。

≪外観検品≫
商品の外観に傷や汚れ、縫製不良などの不備の有無を見極める作業です。顧客から提供されたデザインペーパーをもとに、注文商品のデザインが同じかどうかを確認する場合もあります。当然、不良品が見つかった場合は、速やかに顧客に報告されます。

≪名義変更≫
商品名義を商社から顧客に変更するための納品伝票を発行することで、これが済み次第、指定の納品先へ発送されます。

こうした一連の工程をきちんと経て、商品の安全性と品質の確保によってこそ、自社のブランディングは確立されるのです。