アパレルの検品を外注するための会社選び

HOME » アパレル検品の外注による業務改善効果

アパレル検品の外注による業務改善効果

ここでは、オンライン在庫管理、再販業務、ブランド力向上、コスト削減など、検品の代行会社を活用することで得られるメリットをご紹介しています。

アパレルの検品を代行する業者には、オンラインで在庫の管理ができる業者があり、検品以外に業務の効率化のために大きなメリットがあります。

在庫管理をより確実にスピーディに行うならば、検品を請け負う会社に一括で任せることをお勧めします。たとえば、倉庫に保管している商品を一覧でホームページ上から簡単に確認することができるシステムを導入している検品会社があります。

また、返品された商品を再販するための検品業務も必要となることがあります。返送商品と伝票内容が間違っていないかを確認し、値札などの取外・袋の入れ替えなどを行なうことも検品の代行業者に発注することができます。返品荷受→検品→仕分→ 保管・配分→売価変更→値付・梱包 という再販業務の流れを、一括して請け負う会社もあります。

それから、アパレル業界で勝ち抜くために、消費者からのクレームを防ぎ、確かな信頼に基づいたブランディンドを高めるためにも検品会社の選び方には慎重になるべきです。X線を使った厳しい検品・検針を行なう検品会社のアウトソーシングを利用することで、徹底した品質管理を行なうことができ、自社製品の安全性を確保することができます。

もっとも、検品会社へのアウトソーシングは、必要な時だけ利用すればいいわけで、必ずしも年間契約である必要はありません。繁忙期など仕入れ量が多い時やキャンペーン時などに「一回だけ」「一日だけ」といったように、必要な時だけ賢く利用することで、コスト削減が期待できます。