アパレルの検品を外注するための会社選び

メーカーの場合

海外からの衣料品や、高級衣類を扱う衣料会社が検品のアウトソーシングを利用することで、物流コストの削減と高い検品精度を実現できます。ここでは、本サイトTOPページでご紹介している検品のアウトソーシングを導入した会社の事例を、同社の担当者の声を交えて紹介しましょう。

検品代行会社をどのように活用したのか

ご紹介するのは、ニット・カットソーを中心としたヤングカジュアル衣料を中心に展開している、某アパレルメーカー。トレンドを取り入れた商品をタイムリーに販売。全国有名チェーン店・量販店・専門店を中心に年々人気が上昇している注目のファッション企業です。

アパレル業者担当者の声

当初、同社担当者は物量が増大したときに、納期やその他の面で十分な対応をしてもらえるのか、あるいは自社物流での作業経費と比べた場合、コストが増加するのではないか、といった不安があったといいます。

しかし、実際に検品会社のアウトソーシングを利用したところ、そんな不安は一気に解消されました。

担当者によると、「様々な細かい対応をお願いしたにも関わらず、迅速かつ丁寧に依頼内容にお応えいただき感謝しております。入出庫の数量の変動が時期によってありますが、急遽別の営業所を利用していただいたり、現場の人員を増やしていただいたり、柔軟な対応に大いに助かっております」とのことでした。

検品のアウトソーシングを利用することは、業務(検品等)の精度の向上と安定、コストの削減といった大きなメリットがあり、その根底には人と人との信頼関係が根ざしているというわけです。