アパレルの検品を外注するための会社選び

HOME » アパレル検品のアウトソーシング事例

アパレル検品のアウトソーシング事例

扱う商品の種類や販売形態にかかわらず、検品をアウトソーシングすることによって様々なメリットが得られます。

特殊なアパレル商材の販売を行う実店舗の場合。海外から輸入した衣料品や、高級で繊細な衣類を扱う衣料業界の会社が検品のアウトソーシングを利用する場合、繊細な商品を適切に扱えるのか、心配になることもあるでしょう。

また、雑貨や靴、バッグ、食品など様々な商品を取り扱うECサイトや通販業界でも、検品をアウトソーシングすることによる大きなメリットがあります。

急に大量の商材の検品が必要になった場合、納期やその他の面で十分な対応をしてもらえるのか、自社物流での作業経費と比べた場合、コストが増加するのではないかといった不安がある、アパレル業界の方も多いかと思います。

急に取り扱い商材が増加すると、物流がネックとなって、各部署ともに本来の仕事に専念できなくなるといった危機を、会社に招きかねません。

少人数のスタッフで、かつ物流のノウハウが少ないメンバーが、ECサイトでアパレル商材を扱う場合も、検品会社は心強いパートナーとなります。